EICの歴史

EICの始まり

edu_ban3

2001年、私たちは「あえて英語公用語論」の著者であり、朝日新聞コラムニストの船橋洋一氏から「このままでは日本の教育全体がダメになる。ともに知恵を出し合い活動していこう」という呼びかけを受けました。その後、元大分県知事の故平松守彦氏、元立命館アジア太平洋大学(APU)学長の坂本和一氏、職員の方々や学生、上智大学教授の吉田研作氏と学生、国際ジャーナリストの木下玲子氏へとその輪が広がり、イングリッシュ・イマージョン・キャンプのアイディアが引き出されました。その結果、10日間以上の長期キャンプという形では日本で初めての「イングリッシュ・イマージョン・キャンプ」が誕生しました。

 

 

2001年~2014年の参加者数、開催場所など

開催年 参加者数 キャンプ期間 開催地域 その他のイベント
2001 30人 12日間 大分県 別府
2002 100人 14日間 神奈川県 横浜
2003 56人 10日間 神奈川県 横浜 第1回 同窓会
2004 60人 10日間 神奈川県 横浜
2005 60人 10日間 神奈川県 横浜
2006 64人 10日間 神奈川県 横浜 第2回 同窓会
2007 72人 10日間 神奈川県 横浜 第1回APN
2008 72人 10日間 兵庫県 ハチ高原 第2回APN
2009 144人 7日間 (2回)

神奈川県 横浜

兵庫県 ハチ高原

第3回APN
2010 246人 7日間 (3回) 滋賀県

第4回APN

第1回インドネシアスタディツアー

2011 215人 7日間 (3回) 滋賀県 EIC 10周年記念イベント
2012 329人

4日間 (2回)

6日間 (2回)

滋賀県

第5回APN, 第1回東北トリップ

 

2013 376人

4日間 (2回)

6日間 (3回)

滋賀県 第6回APN, 第2回東北トリップ
2014 361人

4日間(2回)

6日間(2回)

滋賀県

第7回APN, 第3回東北トリップ

第2回インドネシアスタディツアー

2015 312人

4日間(2回)

6日間(2回)

滋賀県

静岡県

第8回APN, 第4回東北トリップ

 

EIC10周年記念イベントについて

10th_Big

2011年7月30日には、新大阪でEIC10周年記念イベントを開催しました。過去の参加者やそのご家族、キャンプリーダー、キャンプスタッフ、公文式指導者、ゲスト、約250名が集まりました。

イベントでは、インドネシアのジャカルタで行われたスタディツアーに参加したメンバーが貴重な経験から学んだことを共有してくれました。

 

また、東日本大震災の被災地の人たちを支援するために行動を起こした二人の事例発表を聞きました。プレゼンテーションを聞いた後、参加者は自分の考えや意見を共有し、救済や復興活動に貢献する活動や行動についてディスカッションをしました。

 

EIC10周年記念イベントは参加者にとって多くの学び・刺激を受けた1日となりました。今後もEICのネットワークを強め、広げていきたいと思います。

 

今、EICのネットワークは75か国を超えました。(2014年8月時点)1人1人の小さい力が集まれば、大きい力に変えていけることを信じてお互いを励まし、応援し合い、世界をよりよい場所に変えていきたいです。英語を使って日本、そして世界をもっと元気に!

 

界に広がるグローバルネットワーク