EIC2016 終了レポート

イングリッシュ・イマ―ジョン・キャンプ2016終了!

今年も8月1日~8月23日の日程で、琵琶湖(3キャンプ)・伊豆(1キャンプ)を実施しました。参加者は4キャンプで323名!北海道から沖縄まで、全国の小学校3年生~6年生が琵琶湖と伊豆に集まってくれました。‘親元を離れて過ごすのは初めて’という参加者も多く、入学式から卒業式まで色々とチャレンジの連続であったと思います。有難うございました。

 

Biwako1_All Biwako2_All

Biwako3_All  Izu_All

 

キャンプの特色 6daysと4daysの違い

参加者の‘英語力’によって、二つのキャンプメニューを用意しました。特に6daysでは、英語を使ってどれくらいコミュニケーションできるか、世界各国出身のキャンプリーダーとの交流の中で、キャンプ中の成長に注目しました。(参加者レポートをご覧ください)

 

世界の人たちとつながる!

Marshal Islandキャンプ16回目を迎えた今年、キャンプリーダーの出身国が新たに2つ(マーシャル諸島、ミクロネシア)加わりました。太平洋の島国出身のリーダーも多く参加しており、文化を紹介する場面では、得意の踊りを披露してくれました。

 

キャンプリーダーの出身国も累計81ヵ国。彼らのほとんどが英語を母国語としないノンネイティブです。子どもたちは、キャンプを通じて世界の人たちとのつながりを学んでいきます。

 

 

 

 

 

世界の文化を‘英語で’知る!

Nigeria    

‘ノーイングザワールド’や‘トラベリングザワールド’、‘ワールドフードマーケット’といった活動を通して、文化的な交流を目指しました。

例年と同じく、キャンプリーダー自身による出身国を紹介するアクテビティを多数盛りこみました。

子どもたちは、キャンプリーダーが紹介する各国の衣装や食事、通貨、伝統的な踊りなど、普段目にすることがないものに触れ、他国への興味が湧いたとの感想も多数ありました。

 

プログラム上の工夫

他国の文化(簡単な挨拶など)を表面的に学ぶだけでなく、その背景にあるものを理解してもらうようにしました。

その流れの中で、単に‘英語を話す’よりも、‘自分の中でしっかりと落とし込んで理解する’ことを重視しました。

 

 

‘英語’をつかったコミュニケーション成功体験

Don’t be afraid of making mistakes.

Let’s try to communicating in English!

 

私たちが大切にしているスローガンをキャンプのあらゆる場面で確認します。

‘単語からでもいい。ジェスチャーをたくさん用いて、懸命に伝えよう。’

相手のことを知りたい!自分の考えを伝えたい!

英語をスムーズに話すことが目的ではなく、キャンプリーダーや参加者同士がお互いに興味を示したときに初めてコミュニケーションが成り立つことを実感します。

 

社会貢献

地球社会に貢献する人材目指して…

普段不自由なく生活していると気づかないことや、自分たちが生活する環境を、自ら壊しているような行為があります。このような問題意識を喚起しようと今年もペットボトルのキャップを集めて4キャンプ合計で20382個集まり、23.7人分のワクチンに変えることができました!

 

また、今年はウェルダンポイント(以下、リンク先をご参照ください。)は6974ポイントが集まりました。キャンプ開催施設であるホテル琵琶湖プラザ様・伊豆研修センターを通じてこのポイントを換金してスリランカへの井戸建設や震災の被災地など支援を必要としているところに寄付いたします。

 

ウェルダンポイント

ペットボトルルキャッププロジェクト