活動内容(4 days)

Day1

日本全国から94名の子どもたちが滋賀県に集まり、イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2014 4days 第1日程〈Biwako1〉が始まりました。キャンプのスローガン「Don’t be afraid of making mistakes. Let’s try communicating in English! (間違いを恐れないで、英語でのコミュニケーションに挑戦しよう)」を忘れずに4日間、楽しいキャンプを作っていきます。

 

<Entrance Ceremony / 入学式>

 

ProgramAEICに来るとみんな英語!今までの日本語の環境との違いに最初は戸惑っていましたが、キャンプリーダーからの声かけでちょっとづつ緊張もほぐれてさぁ入場!入場前は緊張していた子どもたちも会場の雰囲気、拍手によって徐々に笑顔になっていきました。一人ひとりの名前が呼ばれ、そのたびに会場から一斉にエールが起きると、嬉しそうな、少し照れくさそうな表情を見せてくれました。今日から様々な国の人たちとの共同生活!Don’t be afraid of making mistakes! Let’s try communicating in English!

 

 

 

<Making Flag & Group Introduction/グループ旗づくり & グループ紹介>

 

ProgramBチームビルディング、自己紹介ゲームをした後、お友だち、キャンプリーダーと一緒にグループ名をみんなでアイデアを出し合って決めました。その後は参加者、キャンプリーダー全員の前で英語で旗の紹介。緊張しながらも堂々と自分が描いた絵を紹介してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

Day2

キャンプ2日目、今日はイングリッシュ・フェスティバル(英語ゲーム大会)、マイホームタウンを通してたくさんの英語を使いました。また、環境、移民・難民の違いについても学びました。夜は天候が悪く、外でピクニックはできませんでしたが、たくさんの英語のゲームを通して楽しい時間を過ごすことができました。

 

<English Festival / イングリッシュ・フェスティバル>

 

English_Festival歌やダンスで英語を体感したり、ジェスチャーで何を伝えているのか考えたり、しりとりを英語で行ったりと、様々なゲームに挑戦しました。どのグループも初日とは違って英語を話す恥ずかしさは、どこかに飛んでしまっているようでした。

 

 

 

 

 

 

<My Hometown マイホームタウン>

 

My_Hometown自分のホームタウンについて英語で一生懸命紹介しました。大阪府、東京都、福岡、北海道など様々な県から集まっていたので、子どもたちも初めて聞くことばかり。キャンプリーダーが分かるようにみんなで助け合いながら英語で説明に挑戦しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Day3

キャンプ3日目。キャンプリーダーたちの国をまわり、色々な食べ物や、場所、言語について学ぶことができました。一日の最後には、グループで考えた踊りや歌のパフォーマンスを全員の前で披露しました。最後はみんなで踊り、忘れられない思い出となりました。

 

<Knowing the World 世界を知る>

 

キャンProgramCプリーダーの出身国である「中国」「ガーナ」「メキシコ」「ウガンダ」など16カ国のブースがある中で3カ国を巡って、国の言葉、首都、人口、有名な場所・食べ物などについて学びました。今まで見たことがない洋服を見たり、ダンスを一緒に踊ってみたり、世界を感じることができました。

 

 

 

 

 

 

 

<Show Biz /ショービズ(パフォーマンス)>

 

ProgramD各グループごとに楽しい、素晴らしいパフォーマンスをしてくれました。みんなで一生懸命振付を考え、踊ったり、歌ったり、また、グループによっては短い劇を見せてくれ、会場は大盛り上がりに。また、キャンプリーダーも子どもたちのために歌やダンスのプレゼントをしてくれました。最後には、みんなが大きな一つのファミリーとなって踊り、楽しい思い出をつくることができました。

 

 

 

 

 

Day4

あっという間の4日間が遂に終わりました。94人全員が元気にキャンプを卒業することができました。このキャンプの経験を生かして世界に羽ばたく人材になることを心より楽しみにしております。

 

<Graduation Ceremony / 卒業式>

 

ProgramF ProgramI

一人ひとり順番にキャンプリーダーからキャンプ修了証を受け取って、ハグや握手をします。その後は自分で作ったドリームポスターを参加者、保護者、キャンプリーダーの前で発表しました。見違えるほど成長した子どもたち。彼らの成長に誰もが驚きました。最後は涙を流しながらも笑顔でお別れ!また会いましょう!これからもずっとOne family!