イングリッシュ・イマージョン・キャンプ(EIC)について

Immersion(イマージョン)とは「どっぷり浸る」という意味です。子どもたち(小学3~6年生)は世界各国から集まった学生キャンプリーダーやスタッフたちと、英語での共同生活に挑戦します。

 

英語はネイティブスピーカーだけのものではなく、母国語が違う人同士がコミュニケーションするための道具。英語でコミュニケーションする自信を持ち、様々な国の人たちと手を携えて地球社会に貢献できる人財に育ってほしいとの願いをこめて開催しています。

2001_J 2011_1 B3

 

イングリッシュ・イマージョン・キャンプの目的

EICでは、

 

1.世界のコミュニケーションツールのひとつである英語を使った成功体験をもつことにより自信が高まります。

 

2.いろいろな国や地域の人たちとの共同生活を通じて、それぞれの考え方や文化を知り視野が世界に広がります。
さらに、お互いを理解することの大切さに気がつきます。

 

3.未知のことにも積極的に挑戦しようとする力、さらに高い目標に向かって努力しようという意欲が高まります。

 

この経験を通じて地球社会に貢献できる人材に育ってほしいと願っています。

 

 

キャンプスローガン

 

 

Don’t be afraid of making mistakes.

(間違いを恐れないで)

Let’s try communicating in English.

(英語のコミュニケーションに挑戦しよう)

2007

 

このスローガンは、子どもたちへ、英語の世界に入るときの心構えを伝えています。

大切なのは、英語を間違わずに使うことではなく、間違いを恐れずに、どんどん英語を使おうとする姿勢です。

 


イングリッシュ・イマージョン・キャンプ 紹介ビデオ

子どもたちは英語でのコミュニケーションにチャレンジしました!

さまざまな国や地域の人たちと交流し、心を通い合わせ、

キャンプ最終日には子どもたち・キャンプリーダーの目には涙があふれていました。

 

 

 

参加者の声はこちら