• 2020年5月24日(日)
  • レポート

イングリッシュイマージョンデイ(EID)山梨2020レポート

レポートサマリー

山梨県下の2年生から6年生までの小学生が「オンラインのEID」に挑戦しました。

今年は、新型肺炎コロナウイルスの感染拡大に配慮し、会場に集合でなくオンラインスタイルでのはじめての挑戦となりました。オンライン開催ならでは、今回は距離を越えて、甲府に住む山梨学院大学留学生だけでなく、京都大学、大分のアジア太平洋立命館大学の留学生もグループリーダーとして参加してくれました。子どもたちは、このイングリッシュイマージョンデイでの経験を持つグループリーダーたちに、出身国であるインドやフィリピンの文化を楽しく学び、教材で習った単語や表現を思い出しながら、一生懸命に伝え、質問していました。

初めてのオンラインEIDでしたが、「英語の楽しさを体験する」「まちがいを恐れないで伝えてみる」という目的は変わりません。英語だけでなくICTも活用して子どもたちは積極的にプログラムに参加し、とても楽しそうでした。下記に子どもたちとグループリーダーとのやりとりのダイジェストビデオがありますので、ご覧ください。

EID山梨2020ダイジェスト(約6分15秒)

EID山梨2020 ダイジェスト(HD 720p)

アンケートより

子どもより

外国の方々と話す方法がわかった。思ったより、英語が、話せなくてビックリした。聞くことより、話すことができなかった。外国の食べ物が良く知れた。先生が困ってくれると助けてくれた。みんなしゃべれてすごいと思った。(小4/I2)

今まで英語でコミュニケーションを取ることに、「間違っていたらどうしよう」という不安があってなかなか自分の伝えたいことが伝えられなかったけれど、「間違っても大丈夫‼ 楽しんでみよう」と思ってチャレンジしてみたら、「もっと話したい、まだ終わりたくない」と思えるようになりました。それくらい、今日はとても楽しかったです。またこういう機会を楽しみにしています。(小2/H2)

英語は、世界のみんながコミュニケーションがとれる言葉だと思った。今日は、グループリーダーの国の料理の紹介がおもしろかった。(小3/H2)

公文の学習は、リスニングや、会話の表現などが役にたった。リーダーの会話も聞き取れて良かった。(小3/H2)

保護者より

リーダーの方のテキストが、上手に出来ていて、わかり易かった。グループリーダーの対応がよかった。

公文の英語を学習している友達と楽しくコミュニケーション出来る事が良かった。

今年は、子どもも中止と諦めていましたが、オンラインで開催してくださって、喜んでいました。本当に感謝しています。ありがとうございました。

EID山梨2020

  • 開催日
    2020年5月24日(日)
  • 人 数
    12名
  • 場 所
    オンライン
  • 主 催
    甲府事務局 及び 広報部グローバルネットワークチーム
  • 参加者
    公文式教室で英語H1以上を学習する新小1~小6

EIDに関するお問い合わせ・見学は
お気軽にご連絡ください。

公文教育研究会
広報部グローバルネットワークチーム

06-6838-2683

受付時間 午前9時30分~午後5時30分(平日)

お問い合わせ
KUMON English Immersion Camp イングリッシュイマージョンキャンプ(EIC) KUMON English Immersion Camp イングリッシュイマージョンキャンプ(EIC)

様々な国の人たちと英語でコミュニケーションする力を持ち、地球社会に貢献できる人財に育ってほしいとの願いをこめて開催しています。