• 2020年6月14日(日)
  • レポート

イングリッシュイマージョンデイ(EID)大分2020レポート

レポートサマリー

大分県下の3年生から6年生までの小学生が「オンラインのEID」に参加しました。
6月13日(土)は、D~G1教材学習中の生徒さん、14日(日)は、G2~M教材学習中の生徒さん、計10名が4つのグループに分かれ、1グループ、1~3人のメンバーで、様々な英語プログラムに挑戦しました。グループリーダーとして、京都大学、立命館アジア太平洋大学(APU)の留学生と公文のバイリンガルスタッフが参加しました。

子どもたちは、リーダーたちの出身国であるインド、イランの文化を楽しく学び、教材で習った単語や表現を使って、一生懸命に質疑応答、自分の意見や感想を伝えてくれました。ZOOMを使ってのオンラインでの実施でしたが、「英語の楽しさを体験する」「まちがいを恐れないで伝えてみる」というEIDの目的は変わりません。ICTを活用して、子どもたちはより個別に、積極的にプログラムに参加できました。

EID大分2020ダイジェスト(約5分58秒)

EID大分2020 ダイジェスト(HD 720p)

アンケートより

子どもより

知っている単語が出てきてリーダーが何を言っているのかわかった。これから習う単語は多いしもっと勉強をして覚えようと思った。実際にお話をしてもっと英語を話せるようになりたいから、これからもこんな機会があれば、参加したいです。(小6/H1)

じっさいに英語を口に出すのは難しいんだなと思いました。でも、今日は私が答えることが出来なくても優しく教えてくれ、待ってくれたのでとても嬉しかったです。聞かれることも、ここはこの間のプリントでした所だ!聞いたことあるぞって沢山思いました。残念ながら頭が真っ白になって答えられなかった所もいっぱいでしたが色んなゲームをしながら英語を学べて楽しかったです。もっと伝えるのが上手になって、外国の人とお友達になったり、 英語の本(若草物語とか)も読めるようになりたい。(小3/E)

外国の人と触れ合うことは、プリント学習とは違ったコミュニケーションがとれて、将来に役立つと思いました。難しい単語も言えたので、もっと英語をつかってみたいと思いました。(小6/M)

英語の学習をしていて、よかったなぁと思った。もっと使える英語を覚えたいから今後もこのようなオンライン英語プログラムがあれば参加したいです。(小3/H2)

保護者より

テキストではなく、会話で英語学習の成果を見ることの出来る良い機会でした。ミーティング中は英語でなんて答えたら良いのか分からなくて不安そうな様子もありましたが、終了後はもっと会話がスムーズに出来るようになりたいと思ったそうなので、参加できて良かったと思いました。

この様な場を設けて下さりありがとうございました。マンツーマンに近い感じで、先生が何度も名前を呼んで下さる事で画面に集中する事ができていたように思います。どこからでも参加できるのですごく便利ですし、英語の楽しさを感じられて、発言する力も養うことが出来そうなので、またこの様な機会があれば是非参加させたいです。自分で頑張る姿が見れて良かったです。

オンラインだと、集中力が持続しているか、心配でしたが、リーダーが上手に声をかけてくれたり、グループの生徒も、優しくて、とても良かったです。入会一年半でこのようなとてもよい経験をさせて頂き、ありがとうございました。

EID大分2020

  • 開催日
    2020年6月14日(日)
  • 人 数
    10名
  • 場 所
    オンライン
  • 主 催
    大分事務局 及び 広報部グローバルネットワークチーム
  • MINI EID
    2020年6月13日(土)開催
  • 参加者
    公文式教室で英語G2以上を学習する小3~小6
    (MINI EIDはD~G1学習者)

EIDに関するお問い合わせ・見学は
お気軽にご連絡ください。

公文教育研究会
広報部グローバルネットワークチーム

06-6838-2683

受付時間 午前9時30分~午後5時30分(平日)

お問い合わせ
KUMON English Immersion Camp イングリッシュイマージョンキャンプ(EIC) KUMON English Immersion Camp イングリッシュイマージョンキャンプ(EIC)

様々な国の人たちと英語でコミュニケーションする力を持ち、地球社会に貢献できる人財に育ってほしいとの願いをこめて開催しています。